スライドショーで見る
まもなくスタートします・・・

表示件数:

表示順: 撮影年 [ 新 → 古 ] /  人気 [ 高 → 低 ]

稚アユの遡上・球磨川の稚アユすくい=八代市
魚道で飛び跳ねる稚アユ=13日午後、八代市の球磨川堰   撮影日:平成25年04月13日

撮影:2013年4月 掲載日:2013-04-14

稚アユの遡上・球磨川の稚アユすくい=八代市

「落ちアユ」シーズン本格化=甲佐町
「やな場」に流れ落ち、勢いよくはねるアユ=8日、甲佐町   撮影日:平成24年10月08日

撮影:2012年10月 掲載日:2012-10-11

「落ちアユ」シーズン本格化=甲佐町

遡上する稚アユ・球磨川で稚アユすくい=八代市
魚道で飛び跳ねる稚アユ=17日午後、八代市の球磨川堰   撮影日:平成24年04月17日

撮影:2012年4月 掲載日:2012-04-18

遡上する稚アユ・球磨川で稚アユすくい=八代市

25センチほどのアユを焼き上げる「焼きアユ」=八代市
産卵期を迎えた25センチほどのアユを焼き上げる「焼きアユ」=八代市   撮影日:平成23年10月06日

撮影:2011年10月 掲載日:2011-10-07

25センチほどのアユを焼き上げる「焼きアユ」=八代市

甲佐町のやな場オープン
リニューアルオープンした「やな場」。奥はリニューアルした建物=甲佐町   撮影日:平成23年06月01日

撮影:2011年6月 掲載日:2011-06-02

甲佐町のやな場オープン

遡上する稚アユ 球磨川堰=八代市
魚道を飛び跳ね、遡上する稚アユ=6日午後、八代市の球磨川堰   撮影日:平成23年04月06日

撮影:2011年4月 掲載日:2011-04-07

遡上する稚アユ 球磨川堰=八代市

こんがりときつね色に焼けたアユ=八代市
こんがりときつね色に焼けたアユ=八代市  撮影日:平成22年10月01日

撮影:2010年10月 掲載日:2010-10-02

こんがりときつね色に焼けたアユ=八代市

鮎干し=八代市萩原町。落ちアユは腹から卵粒を取り出し「うるか」に加工され
鮎干し=八代市萩原町。落ちアユは腹から卵粒を取り出し「うるか」に加工され、串に刺され焼かれたり干されたりした。球磨川の晩秋の風物詩 (麦島勝氏撮影)   撮影日:昭和48年11月08日

撮影:1973年11月

鮎干し=八代市萩原町。落ちアユは腹から卵粒を取り出し「うるか」に加工され

刺し網干し=相良村。川辺川と球磨川が合流する地点は鮎漁の絶好のポイント。
刺し網干し=相良村。川辺川と球磨川が合流する地点は鮎漁の絶好のポイント。「刺し網」は夜に張るが、昼間はその準備に忙しい。 (麦島勝氏撮影)   撮影日:昭和45年07月18日

撮影:1970年7月

刺し網干し=相良村。川辺川と球磨川が合流する地点は鮎漁の絶好のポイント。

稚鮎すくい=八代市。春になると海から鮎の稚魚の群れが、川に帰り上流へ遡上
稚鮎すくい=八代市。春になると海から鮎の稚魚の群れが、川に帰り上流へ遡上(そじょう)する。それを堰が阻むので、球磨川の遙拝瀬で漁協員が網ですくい、上流に運んで放流した (麦島勝氏撮影)   撮影日:昭和40年03月21日

撮影:1965年3月

稚鮎すくい=八代市。春になると海から鮎の稚魚の群れが、川に帰り上流へ遡上

スライドショーで見る

キーワード検索

例)熊本城、阿蘇山、など

撮影年月で探す


カテゴリから探す

一覧で見る

おすすめコンテンツ

高校総体

熊日学童五輪写真館

県高校総合文化祭

一枚の写真から

麦島勝氏アルバム

中村弘之氏アルバム

福嶋俊郎氏アルバム

楠田宗光氏アルバム

アクセスランキング

もっとくわしく

Loading...